トリサンブログ

AfterEffectで出来るインクにじみのような何か

こんにちは。デザイナーのTです。
たまには技術的なこともやろうということで
AfterEffectで出来る簡単なインクにじみの作り方を書いておこうと思います。

 

まず水彩にじみっぽいテクスチャを用意します。
photoshop等で水彩ブラシを作成する、実際に描いたものをスキャンする
素材サイトで探すなど方法はお好きなものをどうぞ。

今回は古い紙にインクが滲んでいく感じのものを作りたいと思うので
古紙のテクスチャも用意しておきます。

 

用意が出来たらAfterEffecを立ち上げます。
ホワイト平面を作成。
私は大きめのサイズで作りましたがぴったりのサイズでも問題ないです。

ホワイト平面が出せたら、マスクで適当な形をポチポチと。
マスクパスやマスクの拡張にキーフレームを打って
何もない状態から白が現れて徐々に大きく広がっていくようなアニメーションを作ります。

そこにラフエッジをかけると
こんなかんじでフチがもやもやしたものが出来上がります。
ラフエッジの数値はお好みで弄ってください。

出来上がったこちらをマスクとして使用していきます。

さて
インクが滲んで何が浮かび上がってくるのか。

絵を描く気力はない。ネット上の画像は著作権云々が怖い。
食べ物の写真なら大量にストックがあるけれど「あの店だ」と分かるようなものを出してしまってもいいものなのか。

そこで用意したのがこちら。
広島風お好み焼き。家族皆で作った力作となっております。
私はキャベツを盛りネギを振る担当でした。

これならば問題ないでしょう。

 

この画像に先ほどのマスク素材をあて、さらに調整レイヤーで色味をセピア色に寄せていきます。
インクが広がっていくタイミングはタイムリマップを使って調整します。

そうするとこんな感じのものが出来上がります。
あの日のお好み焼きを思い出す……
セピア色にするとお好み焼きと分かり辛いですね。

浮かび上がる素材ももう少しペン画っぽく加工するとそれらしくなるかもしれません。

 

これだけでもいいのですが少し水感が物足りないので、更に素材を追加していきます。

最初に用意した水彩にじみのテクスチャ素材にマスク素材をあて、乗算でのせていきます。

突貫工事なのでもうちょっと調整は必要ですが
さっきよりも気持ちインクにじみっぽくなった気がしてきたら成功です。

 

そこからさらにマスクを足したり素材を追加したりしていくと
また違った印象のものが出来上がると思います。
以上、参考までに。

  • いいね
  • ツイートする
トリサンクリエイターへのリンクバナーです 「注目の西日本ベンチャー50」へのリンクバナーです 「大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会」への沈くバナーです
制作のご依頼・お問い合わせ パートナー・在宅スタッフ募集