社員インタビュー

自分を伸ばせる会社で働く

3Dデザイナー

S.Y.

S.Y.

入社理由について



韓国で兵役を終え、自分を見つめる期間がありました。自分が好きなゲームに関わる仕事がしたいと思い、ゲーム分野で韓国より発展している日本で働こうと思いました。
入社前に日本の専門学校で勉強をしていたのですが、企業説明会として学校に訪れていたトリサンの先輩社員の方に、自分が作っていた作品を見ていただける機会がありました。その際に長所や短所を的確に指摘され、いただいたアドバイスを作品に反映してみると見違えるほど良くなっていました。この会社ならもっと自分を伸ばせると思い、入社を決意しました。





仕事内容について

私は3Dデザイナーとして働いています。コンシューマゲームに限らずスマホゲームなど対象は様々ですが、3Dデザイナーというのは、2Dで制作されたキャラクターなどを立体的にデザインしたり、実際にどう動くかといったアニメーションを作ったりしています。
自分が関わったキャラクターが紹介されて、実際にゲームの中で動いているところを見るととてもやりがいに感じます。






トリサンで働くことについて



まだ私は3年目で分からないことも多いのですが、助けを求めるとすぐに助けてくれる人ばかりです。普段は割と静かな環境で仕事に取り組んでいるのですが、何か話題となるきっかけや質問などをすると和気あいあいとした雰囲気で会話が始まったりするので、居心地の良い環境で働けていると感じています。
入社してから研修期間が3カ月間あったのですが、専門学校で学んだ3年間よりも実力が伸びたと思えるほど高いレベルで教えていただけるので入社して正解だったなと思います。
今後は誰もが知っているゲームの制作に参加することが目標で、更にスキルアップができるように仕事に取り組んでいきたいです。