社員インタビュー

ゲーム開発のレベルが高い日本で働く

プログラマー

H.I.

H.I.

入社理由について



トリサンの入社する前は、韓国で5年ほどゲーム開発の仕事をしていました。
韓国ではPCゲームが盛んですが、日本はコンシューマゲームやスマホゲームが発展しており、多くの経験が積めるのではないかと思い、日本での転職を決意しました。
韓国の会社に比べて、日本の会社は堅いイメージがあったのですが、実際はそんなことはありませんでした。フレックスタイム制で労働時間を自分の生活リズムに合わせたり、自由度の高い働き方ができるので自分の制作に集中して仕事ができる環境が整っています。





仕事内容について

プログラマーの仕事はデザイナーが作ったキャラクターを自由に動かせるようすることです。例えばボタンを押せばキャラクターが攻撃するアクションをしたり、移動するなど、ユーザーが何かアクションを起こすとキャラクターもアクションを起こします。つまり、キャラクターに命を吹き込む仕事だと思います。
そんなキャラクターは自分の子供と感じてしまうぐらい愛着が湧きますし、エンドロールにトリサンや自分の名前が入っているときの達成感は言葉で表現できないぐらいです。
また、ゲーム業界に限らずITの発展は激しいです。ゲーム機の種類が新しく増えたり、アップグレードされる度に技術は変化していくので、常に新しい技術の勉強をしたり、自分のアップグレードをしていくことも大切です。






トリサンで働くことについて



デザイナーのデザインが無ければプログラマーができないことも多いのでコミュニケーションは非常に大事です。特に私たちのようなIT業界では、自分たちで仕様を考えたり自由度が高い仕事をすることができるので、コミュニケーションが無ければ今後の方向性を決めることもできませんし、多くの部分で効率的な仕事ができなくなります。ただ、トリサンでは社内でコミュニケーションを取りにくいといった事はなく、風通しの良い社風だと感じています。
今後は、韓国にいた時から得意だったVRやARの技術が入ったモノを作っていくことが目標です。新しい分野で技術の発展も激しいですが、現状に満足せず学んでいけるように今後も頑張りたいです。