トリサンブログ

【Unity】Particle System の「Simulation Space」

こんにちは、デザイナーYですー

今回はParticle Systemの「Simulation Space」を紹介したいと思います。

「Simulation Space」はパーティクルを親オブジェクトのローカル座標で動かすか、ワールド座標で動かすを調整できる機能です。

簡単に画像で説明します。

Particle SystemのSimulation Spaceのところに、
「Local」と「World」を選択できます。

 

「Local」を選択した場合は移動するとエミッターに追随します。

 

Particleを動かすと、放出されているParticleも追随します。

↑実際動いてる状態はこんな感じです。

 

「World」を選択した場合は移動するとエミッターに追随しないです。

Particleを動かしても、放出されていたParticleには影響ないです。
(放出されたの位置が原点となります)

 

↑「World」の場合はこんな感じです。

 

では「Simulation Space」の紹介はここまでです。

次回もParticle Systemについて紹介したいと思います。

お楽しみにー

  • いいね
  • ツイートする
タグ: ,
トリサンクリエイターへのリンクバナーです 「注目の西日本ベンチャー50」へのリンクバナーです 「大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会」への沈くバナーです
制作のご依頼・お問い合わせ パートナー・在宅スタッフ募集