トリサンブログ

PhotoShopの『ぼかし機能』を使用した小技

お久しぶりです。

デザイナーのKです。

今回は、PhotoShopの『ぼかし機能』を使用した小技を少しだけご紹介したいと思います。

 

『ぼかし機能』といっても沢山種類があります。

その中でも『ぼかし(ガウス)』『ぼかし(放射状)』に絞ってご説明します。

 

『ぼかし(ガウス)』を使用してキャラクターを強調してみる

分かりやすいよう適当に3人キャラクターを並べてみますね。

これでも問題はありませんが、ここから少し手を加えてみます。

 

フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス) を選択してください。

するとガウスを弄る画面が出てきますので、下の ”半径”のバーを適当に動かしてOKを押しましょう。

すると選択したレイヤーが満遍なくぼかされます。

奥のキャラクターもぼかしてみました。

こうすると一番手前のキャラクターが強調されます。

ぼかし具合は匙加減ですので色々試してみてください。

 

 『ぼかし(放射状)』を使用して集中線のような効果を出す

まずキャラと背景を結合したものを2枚用意しましょう。

そして1番上のレイヤーを選択してください。

 

フィルター→ぼかし→ぼかし(放射状) を選択。

 

”量” という部分を右に動かせば右下の”ぼかし中心”内の線が伸びます。

今回は集中線のような効果を出すのが目的ですので、”ズーム”を選択してください。

”ぼかしの中心”内の線は左ドラッグで移動できます。

イラスト画面には直接表示されないので、イラスト画面内のどこがズームされているのか感で調整してください。

 

「この辺だ!」と思ったところにぼかしの中心をおいたらOKを押しましょう。

すると中心に向かってギュンッと画面がズームされます。

このままだと顔にもズームがかかってしまっているので、見難いですよね。

ここで最初に用意していたもう1枚の結合レイヤーを使います。

 

 

新規レイヤーを用意した後、キャラの顔の上に円形グラデーションをかけます。

次にCtrlを押したままグラデーションレイヤーを右クリックしましょう。

するとグラデーション部分が選択されます。

 

 

選択をしたまま、先ほどぼかし(放射状)をかけたレイヤーを選択しましょう。

選択範囲内を削除したらキャラクターの顔を強調したまま他の部分のズームを残すことが出来ます。

背景があったらもっと分かりやすかったですね。

 

 

 

 

 

以上が今回ご紹介したPhotoShopの小技です。

小技というほどでもないかもしれませんが、ノベルゲームなどでは時々見かける技法です。

覚えておいても損は無いと思いますので、頭の片隅にでも置いておいてもらえたらなと思います。

ぼかしにも様々な種類の機能がありますので、時間がある時にでも試してみてください。

結構楽しいですよ。

  • いいね
  • ツイートする
タグ:
新卒・中途採用 社員募集エントリー パートナー・在宅スタッフ募集