トリサンブログ

そうだ、流れ蛸を作ろう

夏と秋と冬の境がわからないデザイナーTです。こんにちは。

AEのエクスプレッションで追従(valueAtTime)
https://torisan-net.com/blog/archives/4431

エクスプレッションが謎の呪文にしか見えないため普段は殆ど使わないのですが
これを使えば彗星のように物体の尾を引くエフェクトが簡単に作れたりしないだろうか?とふと思ったので
ブログネタがみつからないことですし、今回も頑張らない(重要)エフェクトを作ります。

タコに適当な動きをつけました。
動き方を考えるのが面倒だったので、標準のウィグラーの強さを500にしてみたらいい感じに動きました。

Particularとライトの準備をして、ライトにEmitterと名前をつけて
レイヤーを上から「蛸画像」「Emitter」「Particularを適用した平面」の順にして
Emitterの位置のところにエクスプレッション thisComp.layer(index-1).position を入れてみる、と。

ちゃんと画像のまんなかにEmitterの位置が来ました。すごい!

エクスプレッションに詳しい人からすれば当然のことなのだとは思いますが
分からない人はこのレベルでエクスプレッション分からないということでひとつ。
valueAtTimeは使わなくてもよさそうですね。

Particularの Emitter Type を Light(s) に
Particle Type を Streaklet に 
Sizeは大きめの値にして

あとはStreakletのパラメーターを弄ったり。

なんやかんやで流れ蛸が出来ました。
蛸なので墨っぽくすればよかったかなと一瞬思いましたが頑張らないのでこのままで。

以上。お疲れ様でした。

  • いいね
  • ツイートする
タグ:
パートナー・在宅スタッフ募集